別府で困ったらココへ駆け込もう!えきマチ1丁目「インフォメーション」

ようこそ別府へ!別府に詳しく語学堪能なスタッフが、あなたのお越しをお待ちしております。JR別府駅構内、「えきマチ1丁目」の自動ドアを入って正面すぐ!英語、中国語、韓国語、日本語でのご案内。、各種チケット販売、両替サービス、その他お得な割引チケットやパンフレット、Bebeppu本の販売。「目的地までどう行けばいいの?」「何番のバスに乗るべき?」「ここから近い温泉ってどこ?」「なんか楽しいところない?」などなど……別府について知りたいこと、困っていることはご相談ください!別府を知り尽くしたスタッフたちが、親切対応でおもてなしいたします。

お試しから本格派までウェルカム!小物も充実のザ・着物体験「てんてん」

湯けむりの街・別府で、情緒あふれる着物体験!!!番傘や刀、髪飾りなど小物類も充実していて、あなたごのみの和装を叶えます!別府駅から徒歩3分。気軽に立ち寄ってみましょう!!店内での撮影は自由!お店のある北高架商店街は、独特な装飾がキレイで写真映えもバッチリです。扇子や刀などの小物を使って楽しんで!!店内での撮影はもちろん、晴れた日の公園や湯けむりたなびく温泉街など、ロケ撮影も相談可能です。着物はレンタルだけでなく販売もしています!手作りの1点もの雑貨や、福祉施設で作られた雑貨も販売中です。お気に入りを見つけたら、その時に買わないとなくなっちゃう可能性大!「てんてん」店長は、なんと漫画家さん!!自身の作品も揃っていまーす。

別府を一望できる「グローバルタワー」は夜景も最高!

地上100mの展望デッキから眺める別府の景色は格別。ガラス張りの不思議な空間に遊びに行こう!タワーの全長は125m。独特のフォルムは存在感がありますね。別府の市街地、遠くの山々、そして海とその向こうまで。鳥よりも高い目線で別府観光をどうぞ。美しい夜景をぐるりと見渡しながら、うっとりするひと時。上の写真は毎年3~4月に開催される『別府八湯温泉まつり』のメインイベント『扇山火まつり』の様子です。

温泉地っぽいお土産ならおまかせ「別府タオル」

秋葉通り沿いにお店を構える「別府タオル」。 レトロなタオルや手ぬぐい、おもしろタオルやキャラクターものも揃います。 笑顔の素敵な店主が、お出迎え!!なんといっても名物は『お色気タオル』!一見すると普通のタオルですが……水で濡らすと――きゃっ!!!あられもない姿に!しっかりと「別府温泉」の文字が入っていますので、お土産にもぴったりですね。そこまでキワドイもの求めてないわーというあなたには、昭和な絵柄がかわいらしい『レトロタオル』をどうぞ。別府の公式キャラクター、べっぴょんのタオルも人気。渋くキめるなら、手ぬぐいがカッコE!

かわいい店内で絶品スイーツをどうぞ「コトリカフェ」

此の花温泉すぐそばにある「コトリカフェ」は、女性に大人気のかわいいカフェです。スイーツだけじゃない、お食事だってしっかり食べられます。 たっぷりお野菜が嬉しい!店主のみちるさんは、温泉名人&美人温泉道のレポーター! 楽しいおしゃべりで、時がたつのも忘れそう。かわいらしい緑の車で、移動販売することもありますよ!

別府名物!オリジナルの万年筆インク「明石文昭堂」

別府駅東口を出てすぐ右に曲がったところにある老舗文房具店「明石文昭堂」。 1927年創業、90周年を迎えました。日本全国にファンを持つ、「明石文昭堂」オリジナルのインクです。 別府にちなんだ色と名称で、お土産にもぴったり。和柄の繊細な万年筆は海外の方にも人気。別府の偉人・油屋熊八や、マンホールで眠る猫など、かわいい柄が揃ってます。様々な種類のポストカードがいっぱい!和柄も充実しています。帆布製の丈夫なバッグ、旅のお供にいかがでしょうか?旅に便利な優秀ペンケースもおすすめ!

竹瓦温泉が目の前!「cafe TAKEYA」&「Norary-Crary」

別府の代表的な温泉、竹瓦温泉の目の前にあります。「TEKEYA」のおすすめ、カレーパン300円。注文を受けてから揚げるから、サックサク!大分名物「やせうま」や「だんご汁」も楽しめるセットもあります。併設している「Norary-Crary」のカレーも絶品!テイクアウトでも、店内でも、お好きな場所で召し上がれ。「TAKEYA」の民子さんが作る、昔ながらのお弁当『別府弁当 たみこの夢』は、完全予約制。お風呂上はビールで乾杯!

古き良き大衆浴場の風情そのまま「前田温泉」

「前田温泉」は、別府大学駅近くにあるジモ泉。入浴料金は100円です。頭を洗う場合は20円追加料金がかかります。 温泉道参加店。小判型のお風呂で、シャワーはありません。 地元の人たちで賑わう、昔ながらのお風呂です。 ゆっくりお風呂に浸かりながら、別府のレアな情報が聞けるかもしれませんね。