八幡竈門神社

立派なしめ縄が巻かれた御神木「魂依の木」。500年間、この地で生き続けている

鬼の伝説が残る山の上の神社

創建727年、亀山の上に建つ神社です。見晴らしがよく別府湾や町を一望できます。里を荒らしていた鬼が一晩で作ったといわれる「99段の石段」「鬼が忘れた石草履」など鬼にまつわる伝説が残っています。「魂依(たまより)の木」と呼ばれる御神木は、樹齢約500年のイチイガシ。人がすっぽり収まってしまう、珍しい形をしています。

 

見晴らしのよい景色。日の出も拝める

 

平日でも参拝者が途絶えない

 

樹々の作りだす陰影が美しい

 

お稲荷様も祀られている

 

住所:別府市大字内竈1900

神社仏閣
いいねが増えると励みになります
みんなありがとーーーーー!
ビーベップ
タイトルとURLをコピーしました