普光寺

季節によって全く印象が異なる寺院の全景。午前中には陽が差し込むが、午後には陰り趣が変わる

巨大磨崖仏と崖に組まれた荘厳な舞台

まるで日本ではないかのような、独特な風景が広がる普光寺。
高さ11.4m、国内最大級の摩崖仏は800年以上も前に彫られました。
不動明王を中心に、矜羯羅(コンガラ)童子、制吒迦(セイタカ)童子が刻まれています。
真下まで近づき、遥か頭上にそびえる雄大な摩崖仏を堪能してください。
仏像などをおさめるためにくりぬかれた岩である、龕も大きな見どころ。
舞台の一面を摩崖仏や石仏が取り囲むように鎮座する場面に遭遇できます。
希望者はこの場所で瞑想体験(阿字観瞑想)も可能です。
その隣、護摩堂の奥の毘沙門天の摩崖仏もお見逃しなく。
6月には境内の至る所に紫陽花が咲き誇り、深緑の中に彩をそえ美しい景色が広がります。
6月第3日曜日には「あじさい祭り」が開催され、音楽の演奏もあり賑やかです。
※瞑想希望の方は事前にご連絡いただけると助かります

 

舞台から見る景色も素晴らしい

 

首が取れてしまった石像

 

そそり立つ崖に張り付くように建つ護摩堂

 

下から見ると大きさがよくわかる

 

舞台の中に鎮座する石像群

 

住所:豊後大野市朝地町上尾塚1225

神社仏閣
いいねが増えると励みになります
みんなありがとーーーーー!
ビーベップ
タイトルとURLをコピーしました